【体験談】クレジットカードの実態

私は、クレジットカードでよく買い物をしています。限度額の把握が面倒なので、カードローンでまとめてお金を借り、印税が入ったら、すぐに返済しています。2種類のカードを持っている理由は、「使い分け」のためです。収入の把握も大切ですが、カードの使い方の理解も大切だと思います。カードを使っていて、「お金を持っていれば、なんでも出来るんだな」と考えました。同時に、お金に溺れてはいけない、と思いました。

【体験者の情報】

  • 性別:男
  • 職業:作家
  • 年齢:44歳
  • 借入額:10万円
  • 借入先(業者): 楽天銀行
  • 買い物とクレカ

クレジットカードは、お財布いらずの便利なカードです。お金がないときも買い物できますし、ある時も使えます。最近ではwebサイトの決済も対応し、より多くのユーザーを取り込んでいます。

クレカは買い物に便利ですが、使いすぎてはいけません。ネットショッピングサイトを通じて申し込んだ、楽天銀行のカードローンを使っていると、お金の借り入れの難しさを感じます。キャッシングのほうが良かったかもしれません。
お金の使い道

お金は、使い方が大切です。無駄遣いを削るために、定期的に小銭の点検をしましょう。私は、お金を大切に扱うようになり、物の大切さを知りました。文化財や国宝が今も形を残している理由は、日本人が物を大切にする習慣を身に着けているからだと思います。

私が、クレカとカードローンの2枚を持っている理由は、「使い分けのため」です。お金を使い分けて、出費を節約することを目標にしています。毎月10万円借りて、月末までにお金を用意しています。そうしないと、月10万円以上使ってしまいます。
作家としての生き方

私は、長いこと売れない作家でした。ネットのお陰で知名度が高まり、本が売れるようになりました。作家人生を貫いてきて、本当に良かったです。

作家は、決して給料が高くありません。芥川や直木賞といった賞を受賞された方を除き、一本立ち出来る作家はごく一握りです。常に締め切りとの戦いですし、作品の質が、読者からの評判に跳ね返って来ます。
人生をどう過ごすか

その人の人生の過ごし方は、その人に決定権があります。人生を過ごすときは、できるだけ「前を向いて」歩きましょう。そうすれば、「後ろを向いて」歩いてきた人よりも、良い人生が過ごせます。
お金が人に与える影響

お金はただの紙であり、硬貨です。お金が人に与える影響はすさまじいですが、上手に利用する方法もあります。それは「お金を見ない」ことです。欲しいものがある場合に限り、きちんとお金を使いましょう。そうすれば、お金に悩まされる心配も無くなります。

お金の力を甘く見ず、常に警戒を強めましょう。現代は、不安定要素が多く、何が起こるか分かりません。お金の世界に深入りせず、適度な距離を保ちましょう。