失敗しない住宅ローンの借り換え

昨今、住宅ローンの金利はかなり下がりました。 金利が高い時期に住宅ローンを組まれた方は、『失敗したな』とか『金利の安いところに早く借り換えないと』と思われる方も多いのではないでしょうか。

住宅ローンの借り換えは、金利が安いという理由だけで乗り換えようとすると逆に総支払額が増え、失敗するケースもあります。 そこで、最低限ココさえ押さえればというポイントをお知らせします。

保証金と事務手数料の違いはご存じでしょうか。 住宅ローンを借りようとするとどの金融機関で発生します。

保証金は借入時にだいたい借入価格の2%前後かかります。保証金は全額を繰上返済した場合、繰り上げた期間に応じて返金がされます。細かくは元利/元金均等や金融機関によって異なりますのでご確認ください。

一方、保証金の代わりに事務手数料の名目で借入時にお金を払う金融機関もあります。低額の一律10万円などもあれば、保証金同様、借入額面の2%前後などを支払う場合もあります。 ポイントはココです。事務手数料は繰り上げ返済をしたとしても戻っては来ません。

この点を加味し、現在の金融機関から乗り換えることが本当に特をするかどうかをしっかり考え、失敗しない借り換えをしてください。